初めての駐妻@ホーチミン2019

2019年秋よりホーチミンに帯同することになりました。

ベトナム赴任に伴うお金の話

こんにちは!あみちです。

お金の話が多めなのは、私がお金の話が好きだからです(笑)
というのもあるし、「何をもっていくか」や手続きに関わる情報は
ありましたが、意外にお金に関わる話がなかったので、
自分用のメモのためにも残しておこうと思います。

■前提
・夫婦2人
・夫が会社からの赴任命令(現地採用ではなく駐在)
・妻が正社員を退職して帯同
・持ち家(家は親戚に貸す)

■赴任に伴う費用(◎は会社援助あり)
大きめのものから
◎自宅契約に伴う費用 家賃の5ヶ月分くらい
◎予防接種 110,000円
◎引っ越し送料 航空便60KGSで100,000円
◎ビザ・ワークパーミッド取得費用 5-10万(私は把握してないです)

・自宅クリーニング等 68,000円(貸すので、新調したり清掃したり)
・自宅探しへホーチミン2泊(妻は自腹) 40,000円
・引っ越し代援助 30,000円(親戚引っ越し代等負担)
国民健康保険 25,000円(退職~渡航まで)
・外食代 20,000円(気力なくなるし、最後に美味しいもの食べたいし)
・交際費 20,000円(お別れ会等)
・パスポート更新 18,000円(あと1年切っていたので)
・携帯解約違約金  10,500円
・ネット解約違約金 10,500円
・スーツケース代 10,000円(手持ちするため、追加)
・病院 10,000円(歯医者、眼科)
・日用品 5,000円(そんなにもっていけなかった)
・自宅の不用品処分 3,000円

・自宅の不用品処分 +10,000(メルカリで販売なので、プラス)

計算してびっくり。負担する分でも27万くらいかー・・・

■赴任後のスポット費用(想定)
・新居の日用品購入 1-2万?
・新居の食品購入 5千円くらい?
・新居の家電購入 5千円くらい?(ドライヤーなかったはず)
・日本の住民税←退職した人は要注意。給与明細を確認して用意しておきたいです
・日本へ帰省費用 50,000円(確定申告と免許更新しに戻るはず)

 

くらいでしょうか。

旦那さんの会社はありがたいことに、「支度金」なるものを
いただけるそうです。確かに、上記をみても会社がもたないけれど
かかる費用は結構あるなぁ、という印象です。

 

ちなみに、うちの場合、会社で認められる経費分を結構クレカで立替していました。
なので、某月の引き落としが「50万超」になったときは、一瞬焦りました(汗)
楽天カード大好き家計なので、限度額がそれなりにあったので助かりましたが、
もし、立替が多い方は、クレジットカードの限度額に注意したほうがいいかもしれませんね。

 

みなさん、かかる費用はご事情によると思うので、
少しでも参考になれば幸いです♪